ホーム
新築マンション
お客様の声
Vol.03 オープンレジデンス桜新町・Mさんご夫妻のお話

Vol.03 オープンレジデンス桜新町・Mさんご夫妻のお話
お気に入りの家具と家づくり

1 2 3 4
ダイニングテーブル

一生を共にする、と決めていたお気に入りの家具とともに。

一生を共にする、と決めていたお気に入りの家具とともに。「手間はかかりましたが家づくりは楽しかった。決まった家具があったのでわりとイメージしやすかったですね」。結婚を機に二人で購入した一生モノのダイニングテーブル。そこから発想された家づくり。実践したOさんご夫妻に、お二人の取り組みを伺いました。

Mさんご夫妻
テーブルにあわせた照明、テーブルとコーディネートされたサイドボード、AVボード

写真左からテーブルにあわせた照明、テーブルとコーディネートされたサイドボード、AVボード

時間をかけて少しづつ揃えていきたい。

独身時代はお互いが1人暮らしで、ベッドや家電など必要なモノはすべて揃っていたんです。で、唯一なかったのがダイニングテーブル。結婚を機に見つけたこのテーブルは、2人で一生使おうと決めて購入したモノなんです。だから、設計の打ち合わせでは、壁の位置や照明の配置など、すべてをこのテーブルから発想して決めていきました。実際に配置してみたら床の色との相性もバッチリ。テーブルと同じ素材の家具で部屋をコーディネートしていこうと2人で話していたところです。AVボードとサイドボードも最近になって購入しました。私たちの家づくりは今も進行形で、夢を少しずつかなえている最中です。

光に満ちた和室コーナー、右上段左から琉球畳、畳下収納(引出)、畳下収納、
  右下段左からお気に入りの和箪笥、和室とLDを仕切るブラインド

写真左は光に満ちた和室コーナー、右上段左から琉球畳、畳下収納(引出)、畳下収納、 右下段左からお気に入りの和箪笥、和室とLDを仕切るブラインド

イメージ通りの仕上りでした。

最近では畳の部屋を知らずに育った人たちも少なくありませんよね。とくに実家が東京という方々とか。私は着物が好きなので、新居にはどうしても和室がほしかったんです。和ダンスを置きたかったし、来客用の布団を収納するスペースもほしかったので。賃貸マンションに暮らしているときは結構収納で困ったんです。そんな問題も小あがりにすれば解決できるじゃないですか。だから、この部屋は6枚の琉球畳の下を全面収納にしてもらったんです。友人が泊まるときにササッと布団を出せるのがいいですね。そのまま、ここで寝てもらえるから、とても使い勝手がいいんです。部屋として仕切らず、ロールスクリーンを開けて空間を開放しておけるようにしたのも正解でした。私たちの寝室がひとつ上の3階ですから、このフロア全体をゲストルームのように使ってもらえる感覚です。お互いのプライバシーが保てますので、友人たちも気兼ねなく泊まっていけるようです。甥っ子や姪っ子は、小あがりの段差がお気に入りのようで、よくここに腰かけてテレビを見たり、遊んだりしていますよ。とにかく、いろんな場面で活躍しています。内覧会のときには、とくにこの部屋が輝いてましたね。イメージ通りに仕上げてもらえて。大きな窓から光がたっぷり差し込んでいたのをよく覚えています。

収納たっぷりのベッドリビングルーム。

検討しているときにさまざまな竣工物件を見てまわったのですが、どうしても収納面で納得いかなかった。だから、ベッドルームに収納を追加してもらったんです。部屋の面積は多少狭くなりますけど、こうしたほうが実際の使い勝手がいいし、今のところ夫婦2人だけなので当面は2部屋を大きなワンルームで使えるでしょ。将来2部屋に戻すことを前提に下地を入れておけば何の問題もないですから。将来を見据えて自由に間取りが決められるのは、オープンレジデンスならではのよさだと思います。

収納

写真左上から設計変更したウォークインクローゼット(開閉)、デッドスペースを有効利用した可動棚、追加した食器洗浄器、
システムキッチンのデッドスペースを有効利用したLD収納

間取り

【設計変更内容】

  • 1)キッチンカウンターを約20cm延長
  • 2)キッチンのシンク下をオープンスペースに変更
  • 3)リビングに床高30cmのタタミコーナーを設置(床下収納を設置)
  • 4)リビング及び寝室にシーリングファンを設置
  • 5)リビング及び寝室に2mのピクチャーレールを設置
  • 6)上階の2部屋を1部屋に変更
  • 7)ウォークインクローゼットを拡大
  • 8)2mのハンガー掛け用長押を設置
  • 9)ロールスクリーン固定用天井下地設置
  • 10)ダウンライト16台、インテリアダクト1本、和風ダウンライト4台設置
1 2 3 4
ページの上部へ